2007年09月27日

真面目でわかりやすかった


2010年 原題:2010
製作1984年 アメリカ 監督:ピーター・ハイアムズ
原作:アーサー・C・クラーク
脚本:ピーター・ハイアムズ
出演:ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン


スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』の続編です。
監督が違うので作風も違ったものになっています。
『2001年・・・』が観念的な作品だったのに対して
本作は真面目なドラマでした。

(あらすじ)
2001年ディスカバリー号による木星探査は失敗に終わった。
その9年後、ディスカバリー号船団の上司にあたる
フロイド博士はソ連の宇宙船レオーノフ号に相乗りし
ディスカバリー号の高機能コンピュータHALを修理、
モノリスの解明にのりだすが・・・・。


前作・・・と言っていいのかな?『2001年宇宙の旅』は
とにかくわけがわからないけれど、なんだかとても
ココロに強く残っている作品でした。
本作はその謎を解く・・・という触れこみで観たのですが、
謎・・・・・はっきり言って、覚えてなかったです。(爆)
存在自体が謎、な作品という印象があります。

本作はわかりにくいところはなく、宇宙空間の映像も
いい意味で想像通りで安心感がありました。
最後にHALから発せられるメッセージもよかったです。


posted by マミイ at 11:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。