2007年09月25日

弱いからこそいい!


マスク・オブ・ゾロ 原題:THE MASK OF ZORRO
製作1998年 アメリカ 監督:マーティン・キャンベル
脚本:ジョン・エスコウ、テッド・エリオット、テリー・ロッシオ
出演:アントニオ・バンデラス、アンソニー・ホプキンス
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ


初めっから強いヒーローよりも偉大な師匠に鍛えられて
強くなっていくのを応援しながら観るからいいんでしょうか。
痛快冒険活劇、楽しめました。

(あらすじ)
メキシコはかつてスペインに統治されており
庶民の味方ゾロが大活躍していた。
しかし、ゾロは捕まり彼の妻は殺され娘も奪われてしまう。
それから20年、ゾロは脱獄し偶然出会った盗賊のアレハンドロに
自分の技を伝授する・・・・・。


アンソニー・ホプキンス演じる初代ゾロは知性的な紳士ですが、
アントニオ・バンデラス演じる2代目ゾロはワイルドで情熱的。
ちょっぴりドジなところもよかったです。
黒馬とのやりとりが最高!
なんだか『シュレック』に出てくる長靴をはいた猫を
彷彿とさせました。
(バンデラスが猫の声担当なのは理由があったのですね!)
キャサリン姐さんも相変わらずお美しい!
強さと気品を兼ね備えた美しさでとってもステキでした。

勧善懲悪のわかりやすい図式が爽快です。
銃ではなく、剣と剣との闘いってのもいいですね〜。


posted by マミイ at 20:52| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スペイン出身であるアントニオ・バンデラスはメキシカンのゾロははまり役という気がします。
この人、ドジな役どころも合うんですよね。
『スパイキッズ』でもそのおもしろさを存分に出してます。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは綺麗な女優さんですよね!
マイケル・ダグラスが羨ましいです。
今週のスマスマに出演していましたが、その美しさをあらためて感じました。
Posted by しんのすけ at 2007年09月26日 16:13
アントニオ・バンデラスって結構おちゃめですよね。
シュレックの監督さんだったかな〜、
猫の役はバンデラス以外ありえない!って
言ってましたがその通りですよね^^

キャサリン姐さんはキレイですよね。
え〜っ!?スマスマに出てたんですか。
今度アラン・ドロンが出ると聞いてビックリしてたところなのに。

マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ナイスカップルですよね♪
Posted by マミイ at 2007年09月27日 04:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。