2007年09月24日

細かいところもよくできてる


未来世紀ブラジル 原題:BRAZIL
製作1985年 イギリス・アメリカ 監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、トム・ストッパード、
チャールズ・マッケオン
出演:ジョナサン・プライス、キム・グライスト
ロバート・デ・ニーロ


最初に観た時は正直言って、何が何だかよくわからなかったのです。
今回は割りと細かいところまでみえたような気がします。
・・・・・でも、やっぱり意味はよくわからなかったですが。(笑)

(あらすじ)
情報が徹底的に管理されているとある国、
情報管理者が殺した1匹のハエによって誤認逮捕事件が起きる。
一方、出世を望まない小役人サムは美しい女性の夢を見て
その女性に恋してしまう。
誤認逮捕時に起きたミスのために被害者宅を訪ねるサム。
被害者の階上に住む住人は夢の中の女性そっくりだった・・・。


コンピューターはミスをしませんが、コンピューターを扱う
人間はミスをするんですよね。
そして、おのれのミスを認めようとしない・・・・。
そういう皮肉がたっぷりな世界です。
お役所で延々とたらいまわしにされて
堂々巡りで埒があかない、とかね。

夢なのか、現実なのか、悪夢なのか・・・・
段々区別がつかなくなってきます。


posted by マミイ at 23:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。