2007年09月13日

ほんのちょっとのさじ加減


マーサの幸せレシピ 原題:BELLA MARTHA
製作2001年 ドイツ 監督:サンドラ・ネットルベック
脚本:サンドラ・ネットルベック
出演:マルティナ・ゲデック、セルジオ・カステリット


本作のリメイクがキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の
『幸せのレシピ』として今月末から公開されます。
とりあえず、オリジナルを観てみました。

(あらすじ)
マーサは腕はいいが協調性のないシェフ。
自分の料理に自信をもっており、客とのケンカも辞さない。
ある日、女手一つで8歳の娘リナを育てていた姉が事故死、
姪っ子を引き取る事になる・・・・・。


マーサは仕事で成功しているし、一人の生活も苦にならないし
今のままでもそれなりに幸せです。
突然の環境の変化によって、別の幸せがある生活が
ある事を知ります。
姪っ子のリナや新たな同僚のマリオとのやりとりによって
少しずつ角がとれていくマーサがよかったです。

主人公がシェフなだけに、とってもおいしそうな料理が
たくさん登場します。
それを観るだけで、私は十分幸せになれました。
(もちろん、食べる事ができれば本望ですけどね、笑)

じんわりとココロがあったかくなるような映画、
ハリウッドではどんな味付けをするのでしょうか?
家族愛よりも男女の恋愛に重点を置かないでほしいなぁ・・・。

ちなみに、『幸せのレシピ』の公式サイトはコチラです。


posted by マミイ at 19:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツ映画がオリジナルなんですかぁ。私も、近所にあれば、先に観たいです。
Posted by 蔵星 at 2007年09月14日 05:01
BSでやってたんで観ました。
実は、よく似たタイトルだな〜と思って調べてみたら
リメイクである事が発覚しました。
Posted by マミイ at 2007年09月14日 09:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。