2007年09月11日

豪華キャストの青春映画


アウトサイダー 原題:THE OUTSIDERS
製作1983年 アメリカ 監督:フランシス・フォード・コッポラ
原作:S・E・ヒントン
脚本:キャスリーン・クヌートセン・ローウェル
出演:C・トーマス・ハウエル、ラルフ・マッチオ
マット・ディロン


よくある話といえばそれまでなのですが、
キャストが今観るととても豪華です。
そのためか、とてもみごたえがありました!

(あらすじ)
オクラホマのある町では裕福な山の手のソッシュと
貧民層のグリースが対立していた。
14歳のポニーボーイは16歳のジョニーと
グリースのリーダー格のダラスと一緒に行動していた。
ある日ポニーボーイ達はこっそり入ったドライブイン劇場で
山の手の女の子チェリーと仲良くなる。
チェリーと別れた後、ポニーボーイとジョニーは
ソッシュのリーダー、ボブ達に襲われる。
ポニーボーイを救おうとしてボブを刺殺したジョニーは・・・。


主役はグリースの男の子たちなので
グリースメインで話がすすみます。
で、グリースの面々が豪華!
ポニーボーイの兄はパトリック・スウェイジとロブ・ロウ。
リーダー格のダラスはマット・ディロンだし、
仲間はエミリオ・エステヴェスとトム・クルーズ・・・。
みんな、かっこよかったです♪
私的にはマット・ディロンがイチオシですね。

お金持ちの子と下町の子の抗争、
正当防衛とはいえ相手を殺してしまう・・・なんてのは
よくある話ではありますが、ココロに響くものはあります。
最後のジョニーの手紙はとても印象的でした。


posted by マミイ at 19:24| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも新作当時にレンタルビデオで見ました。
いわゆる「アメリカン・グラフィティ」かな?

なんといっても『地獄の黙示録』『影武者』のF・コッポラですからね。
当時は出演者がみんな若手のあまり有名ではない俳優だったんですが、
今では大成した大物俳優ばかりが出演してたんですよね。
「ベスト・キッド」の ラルフ・マッチオ 、マット・デイロン、ダイアン・
レイン、ロブ・ロウ、エミリオ・エステヴェス、トム・クルーズ
すっごいですよねぇ〜、『オーシャンズ13』並みの豪華キャスト!
曲もスティビー・ワンダーの「ステイ・ゴールド」がかかるんです。

そういえば、この前民放でやってたんだけど、みれなかったんだ。。。
Posted by しんのすけ at 2007年09月12日 14:50
コッポラ監督作品に出たからこそ
注目されて後に世に出てきたのでしょうか?

確か、マット・デイモンもコッポラ監督の
『レインメーカー』に出てから注目され始めたのだそうです。

出てた人みんなすばらしかったです。
ラストの「ステイ・ゴールド」にはシビレちゃいますね!
Posted by マミイ at 2007年09月12日 16:59
うわ〜。懐かしいタイトル〜。
実は映画を見たかどうか覚えてないんだけど、これでマット・ディロンに惚れたのよ〜。
ほかの出演者は名前も覚えてないから、本当に見たのか怪しいんだけど。
文庫本で読んだだけかもしれないけど。
このころの私は、外国の俳優さんといえば、マット・ディロン以外知らなかったといっても過言ではない。(映画ブログにすごいコメントするよね、私)
Posted by こでまり at 2007年09月14日 20:30
確かにマット・ディロンはかっこよかった!(断言)
この当時はみんな、そんなに売れてなかったから
(・・・・・私もそんなに知らないから嘘かも^^;)
リアルタイムで観たら、マット・ディロンの事しか
頭に残ってなかったかも・・・・・。
それぐらい、ステキだったわ。

>(映画ブログにすごいコメントするよね、私)
大丈夫!記事を書いてる私もたいしたこと知らないから!
・・・・・って、いばるなっての。(笑)
Posted by マミイ at 2007年09月14日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。