2007年09月08日

くすぶり続ける秘めた想い


エイジ・オブ・イノセンス 原題:THE AGE OF INNOCENCE
製作1993年 アメリカ 監督:マーティン・スコセッシ
原作:イーディス・ウォートン
脚本:マーティン・スコセッシ、ジェイ・コックス
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ミシェル・ファイファー
ウィノナ・ライダー


スコセッシ監督が19世紀後半のNYの社交界を描きました。
当然!?ドンパチはなしです。
服装、食事などかなり忠実に再現されているのではないでしょうか?
私はこの頃の文化は全くわかりませんが、見とれてしまいました。


(あらすじ)
NY社交界の名門の出であるニューランドは
同じく名門のメイと婚約を控えていた。
そんな時にメイのいとこであり、伯爵夫人であるエレンが
ヨーロッパから帰ってくる。
ニューランドは次第にエレンに魅かれていくが・・・・・。


心の中は激しい情熱で身を焦がしているのかもしれませんが
表に出そうとせず、心の中で想いはくすぶり続けます。
だからこそ、長続きするのでしょうか?
花火のようにドカンとぶちまけたら、案外スッキリして
終わっていたのかも。

一見すると無邪気に見えるのに、実はしたたかだったり
自由奔放に見えて実は傷つきやすかったりするのは
女性の性なのでしょうか・・・・・。


主人公ニューランドが妻であるメイにすずらんを
エレンに黄色のバラを贈るシーンがあります。
ちなみに、花言葉事典によると
すずらん→「幸福の再来」「意識しない美しさ」「純粋」
黄色のバラ→「嫉妬」「不貞」
を意味するそうです。
・・・・・ちょっと深読みしすぎかな。


posted by マミイ at 08:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。