2007年09月06日

主観的だから


ボーイズ・ライフ 原題:THIS BOY'S LIFE
製作1993年 アメリカ 監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
原作:トバイアス・ウルフ
脚本:ロバート・ゲッチェル
出演:ロバート・デ・ニーロ、エレン・バーキン
レオナルド・ディカプリオ


トバイアス・ウルフの自伝小説の映画化です。
主人公はもちろん、トビー。
自伝だから、あくまでも主観的。
自分が美化されているように感じてしまいました。

(あらすじ)
トビーの母、キャロラインは暴力的な父と離婚し、
紳士的なドワイトと再婚した。
しかし、結婚してからはドワイトは豹変。
つまらない事に腹を立てる自分中心の小さな男だった・・・・。


ロクデナシから逃げてきたのに、やっぱり捕まえるのは
ロクデナシなんですね・・・・・なんか、悲しいです。
エレン・バーキンはチャーミングでした。
今度こそ幸せをつかもう!と嫌な事から目をそらそうとする
気持ちもよくわかりました。

トビーに関しては、私はあまり同情できなかったんです。
なんだかんだ御託を言いつつも、結局は悪い方に流され
父の車を盗んだり、成績表を偽装したり・・・・・。
結局、やってる事は義父と変わりないんでは?

この映画の中でよかったのは、小さな田舎町の中で
決して自分を見失わなかったちょっとカマっぽいトビーの友人。
(名前をど忘れしちゃいました^^;)
あの子が無事に町を出る事ができたのか、
おばちゃんは気になりました。

現実の話だから仕方がないといえばそれまでなのですが、
少年が成長して・・・という話ではなく
鑑賞後、あまりスッキリした気持ちにはなれませんでした。


posted by マミイ at 11:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。