2007年08月27日

セキララに語る


これからは読んだ本の紹介もしていこうかな、と思います。
私の大好きなレッド・ホット・チリ・ペッパーズのボーカル、
アンソニーの自伝です。

アンソニーがこれまで(バイ・ザ・ウェイ発売前まで)の
半生を語っています。
これが・・・・・・420ページ中、410ページぐらい
ドラッグやら女の子との痴話げんかやらばっかりです。

歌を歌っていなかったら、ホント、ろくでなしです!?
でも、そんな自分を恥じることなく、過大評価することなく、
そのままの、ありのままの自分を語るアンソニーがステキ!
ますます好きになりました。

ドラッグをやってる事がかっこいいんじゃなくって
ドラッグからきちんと足をあらう事ができるのがすばらしい。
これからも愛ある人生を送って、素晴らしい歌を
たくさん作っていってもらいたいです。


posted by マミイ at 09:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。