2007年08月16日

一難去って、また一難


ロード・オブ・ザ・リング 
原題:THE LORD OF THE RINGS: THE FELLOWSHIP OF THE RING
製作2001年 アメリカ・ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
原作:J・R・R・トールキン
脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、
フィリッパ・ボウエン
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、リブ・タイラー


次の日は早起きして200kmほど運転しなければいけないというのに
3時間もの大作を選んでしまいました。
前に映画館で観た時よりおもしろかったです。

(あらすじ)
冥王サウロンが作った世界を統べる力の指輪。
長い間行方不明であったが、ホビットのビルボ・バギンズが
所有していたのであった。
ビルボはフロドに指輪を託し自らは旅に出る。
指輪を取り戻そうとするサウロン。
フロドたちは指輪を葬る為、指輪が作られた暗黒の地へと
旅立つ決意をするのであった・・・・・。


こういう原作があるものって
映画が先か、原作が先かいつも悩みます。
まず映画を観てキャラのイメージをつかみ
原作を読んで深く世界観を理解し、さらに映画を観る・・・・・
今回はこの方法でよりよく映画が観れました。
っていうか、登場人物が多すぎて最初に観た時は
誰が誰やら区別できなかったんです。
特に、同じ種族は・・・・。
実はいまだにメリーとピピンはどっちがどっちだか
わかりません。

映像はすごかったです。
広大な土地、襲い来るオーク・・・・・
そして、ホビットがかわいらしいのなんのって。
本の挿絵だとホビットはとっちゃんぼうやみたいで
ちょっと怖いんですが、イライジャもその他もみんなかわいい!
次々に襲い来る苦難を一生懸命乗り越えようとする
イライジャくんが健気でした。

物語の始まりなだけに、旅の仲間が終結して
次に続くところで終わっちゃうので
そこだけは注意していたほうがいいかも。
でも、1本3時間もあるから一気に全部観るのは大変です。


posted by マミイ at 07:30| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

この作品は私も大好きです。
1話約3時間×3部作なので、一気に観るにはよいしょがいりますけど。(^^)

私も少し前にコレクターズ版を一気に観たのですが、劇場では「あれ?」と思っていたところもちゃんとあって「なるほど」と思ったところもありましたが、長すぎで、たぶんちょっとした追加などは判らず観ていたような気がします。(^^;;;;

友情、そして意思の強さが大事。ということを再認識させられる物語でした。
Posted by 白くじら at 2007年08月16日 22:19
異なる種族同士が一つの強大な悪に立ち向かう為に団結する。
すばらしい事ですよね。

劇場版から追加があったのですか?知りませんでした。
私は前回、映画を観た後で原作を読んだから
今回結構理解しながら観れたと思っていたのですが
追加エピソードでわかりやすくなっているのかもしれませんね。

原作も映画も「3」を観てないのですが
サムの忠実さ、健気さにこころうたれています。
今回はどちらもみて完結させようと思っています。
Posted by マミイ at 2007年08月17日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。