2007年08月14日

彼女が見違えた!


スイミング・プール 原題:SWIMMING POOL
製作2003年 フランス・イギリス 監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム
出演:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ


『8人の女たち』を観た時は正直言って眼中になかったんです。
リュディヴィーヌ・サニエ。
でも、コレはカラダも含めてめっちゃキレイでした。
表情が・・・・・いい!!!

(あらすじ)
英国のミステリー作家サラは出版社社長ジョンのすすめで
フランスにある彼の別荘を訪れる。
サラが執筆を始めようとした時、ジョンの娘である
ジュリーがやってきた。
ジュリーは裸でプールを泳ぐ奔放な若い娘。
サラはジュリーに苛立ちを感じつつも目が離せない・・・・・。


内容は難しかったです。
結局どうだったのか、よくわからなかったですし・・・・・。
とにかく、リュディヴィーヌ・サニエの裸が!
そっちに気をとられてストーリーを追えなかったのが
理解できなかった一因かも。(笑)

『8人の女たち』の時はみんなから子ども扱いされてて
そんなにいいとは思えなかったんです。
小悪魔キャラとしてはエマニュエル・ベアールもいたし。
でも今回はかなり小悪魔してました。


posted by マミイ at 22:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

サニエのこの映画でのヌードはきれいでしたね。彼女も28歳だから、あんな美しい裸はもう無理かも・・・。最近の『情痴 アヴァンチュール』ではだいぶほっそりしていましたね。

ついでながら、この映画のラストは、私は読めてしまいました。なんとなく分かっちゃったんです。もちろん「じゃ、いったいどういうわけ?」と聞かれると説明不能ですけど(笑)。

しかし、シャーロット・ランプリングのあのシーンは、すごいよね。60直前(撮影当時)であそこまでやってくれる人は、あんまりいまへんわな。


それではまた。
Posted by Bill McCreary at 2007年08月17日 12:23
Bill McCrearyさん、はじめまして。

サニエはこれと『8人の女たち』しか観た事がないのです。
ハダカももちろんきれいだったのですが、
表情がとても素敵だったので
他にも作品を観てみたいなぁと思いました。

途中でところどころ「あれっ?」って思わせるシーンが
散りばめられてますよね。
はっきりとはわからないけれど、途中で妙な違和感を感じました。
まるでプールの水面のゆらめきのように心がざわざわする
不思議な映画でした。

シャーロット・ランプリングもすごかったですね。
感情を表に出さない飄々とした感じの役でしたので
終盤とのギャップに驚きました。
Posted by マミイ at 2007年08月17日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。