2007年08月07日

パニック・ムービーじゃなかった


T−REX 原題:THEODORE REX
製作1996年 アメリカ 監督:ジョナサン・ベテュエル
脚本:ジョナサン・ベテュエル
出演:ウーピー・ゴールドバーグ


邦題からは恐竜に襲われる『ジュラシック・パーク』系を
勝手にイメージしてました。
でも、観てビックリ!
なんと、刑事モノでした。
恐竜と人間の凸凹刑事コンビ。
なかなかコミカルな恐竜でした。

(あらすじ)
未来では絶滅した種族を復活させ、恐竜は人間と同じ言語を用い
洋服も着て同じ社会で暮らしていた。
警察広報課のテオドア・レックスはある夜胸騒ぎで目覚める。
墓地で恐竜の他殺体が発見されたのだ。
テオドアは憧れていた刑事となり、敏腕女刑事コルトレーンと
コンビを組むこととなった・・・・・。


恐竜が服着て踊りだすんですよ。
めちゃシュール!

コンビを組む女刑事はウーピー・ゴールドバーグです。
重たいカラダもなんのその!
過激なアクションでドタドタ走ってるのもある意味必見かも!?

ストーリーは凸凹刑事コメディとしては正統派でした。


posted by マミイ at 22:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。