2007年08月05日

時代劇なのかぁ


荒野の用心棒 原題:PER UN PUGNO DI DOLLARI
製作1964年 イタリア 監督:セルジオ・レオーネ
原作:黒澤明、菊島隆三
脚本:セルジオ・レオーネ、ドゥッチオ・テッサリ、
ヴィクトル・A・カテナ、ハイメ・コマス
出演:クリント・イーストウッド


初めて観たのですが、音楽は聞いたことがありました。
ゲームなんかで西部劇っぽい人物が登場する時は
こんなBGMが必ずかかります。
さすがはエンニオ・モリコーネですな〜。

(あらすじ)
2人のボスが対立するニューメキシコの国境近くの町に
ふらりと現れた早撃ちガンマン、ジョー。
ジョーは金のにおいをかぎつけると2組の間で
うまく立ち回ろうとするのであった・・・・・。


クリント・イーストウッドがニヒルでめちゃかっこいいです!
早撃ちもすっご〜〜〜い!!
勧善懲悪って感じではなくダーティなんだけど、
魅かれてしまいます。


映画自体は黒澤明監督の『用心棒』の翻案だそうです。
監督に許可をとっていなかったため、後に裁判沙汰になり
黒澤監督が勝訴しています。

『用心棒』は観たことがないので、
いつか観てみたいと思います。


posted by マミイ at 23:42| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリント・イーストウッドが小汚いですw
でも、決まっているんだなあ。
「用心棒」の三船敏郎も小汚いですよ。
白黒なのに。

汚くても、決まっちゃう男。
それが、ホントのイイ男なんだなあと思います。
Posted by 窓際一直線 at 2007年08月18日 11:56
こ、小汚い・・・・・!爆
いや〜、オオウケしました。
せめてワイルドと・・・・いや、やっぱり小汚いの方が
似合いますね。

汚くても、かっこいいですよね。

窓際さんは『用心棒』も観られたのですね。
私はテレビの時代劇が大好きだったので
(一押しは大江戸捜査網です)
そろそろ邦画の古いやつにも手を出してみようと思っています。
Posted by マミイ at 2007年08月20日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。