2007年08月02日

ロックの戦士に敬礼!


スクール・オブ・ロック 原題:THE SCHOOL OF ROCK
製作2003年 アメリカ 監督:リチャード・リンクレイター
脚本:マイク・ホワイト
出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック
マイク・ホワイト


出演もしているマイク・ホワイトがジャック・ブラックのために
脚本を書いたそうです。
だからジャックがイキイキとしてます!
まさにジャックのための映画です!!

(あらすじ)
デューイはロックを熱く愛する男だが、
熱すぎる愛情ゆえに観客に嫌われ、バンドもクビになる。
また、親友ネッドの部屋に間借りしていたが、
家賃を払えず追い出されそうになり
ネッドになりすまして名門私立小学校の代用教師となる。
当然真面目に授業をする気がなかったデューイだが
子供たちに音楽の才能があることに気づき
バンドを結成し、バンドバトル出場を企むのであった・・・・。


デューイがとにかくイタすぎる自己陶酔のギターソロとか
客席ダイブを披露してくれます。
素人バンドでありがちで笑えます。

子供たちは本当に演奏しているそうですが、めちゃウマです!
無気力だった子供たちがイキイキとしてくる様に感動します。
大事なのはメインのバンドメンバーだけでなく、
裏方も一生懸命な事。
それぞれが自分の仕事に誇りを持って
みんなで一つの事をやりとげた事が素晴らしいのだと思います。


余談ですが、ライブでのジャック・ブラックの衣装、
半ズボン姿が某ビークルのカトウタロウ氏を彷彿とさせました。
・・・・・っていうか、ぶっちゃけ
AC/DCのアンガス・ヤングのコスプレですね。
映画でもAC/DCの曲が使われてましーたから。(笑)


posted by マミイ at 07:25| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽関係・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは感動映画の金字塔であり、21世紀最高傑作の一本でしょうね。

ジャック・ブラックはあまりにも才能がありすぎる!同じ人間とは思えないですよね。僕もああなりたい。

DVDの特典映像観ました?ジャックのビデオダイアリー。スゴイです。ハイテンションに朝起きした瞬間からいきなりケツ出して、フルチンになって、外にハイテンションに飛び出して、突然車の屋根にあがって、信号無視してと本編以上にロック!!クレイジー!!

ロック映画は数あれど、ここまでロックしてる映画はないですね。「学校」って明らかに体制を象徴してる場所じゃないですか。そこで反体制の音楽であるロックを教えるとゆー素晴しさ。しかも名門の小学校ですよ。スゲー話ですよね。設定もストーリーも全部ロック!!

この映画に出会ったことで僕の人生も少しは意義のあるものに思えるんです。

ありがとうジャック!!

そんな感じ。
Posted by shit_head at 2007年08月03日 22:37
ジャック万歳!な映画でしたね。
ジャックはシリアスも笑いもどっちでもイケますよね。
ロマンスもばっちりできるし・・・完全無欠です。

特典映像・・・素晴らしいですね。
「遅れる〜」とか言いつついきなり外で瞑想しだすのが
私のツボでした。
マジでこんな生活送ってるんじゃなかろうかと思ってしまいます。
っていうか、あれはマジですよね?


学校という秩序第一の場所、しかも規律の厳しい名門校で
反体制を掲げるってのはすごいですよね。
名門で優等生だからこそ、無気力で反抗することを知らず
ロックする事の感動を実感できたのかもしれませんが。

ロック史の授業に宿題のCD鑑賞・・・・・
私もジャックの授業が受けてみたかったです。(笑)
Posted by マミイ at 2007年08月03日 23:36
こんにちは。

生活全てがロックといった感じの人でしたね。
少しずつ感化されていく子供たちも、楽しそうに演奏していて、学園モノが好きな私も、この作品はオススメに一品になってしまいました。

私がもっとロックに関して詳しければ、もっと楽しめたのではないかとちょっと悔しい作品でしたが、この作品を通してもいろいろと学ぶところが多かったです。

ホント、確かに彼の授業は受けてみたかったですね。(^^)

トラックバックさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2007年08月05日 17:12
何もかもがロケンロールな映画でしたね。
子供たちは自分達で演奏しているらしいですし
本当に楽しそうでしたね。

ジャックの方が私より6個年上なので
私もリアルタイムでは聞いてません。
もちろん、全曲わかりません。
でも、こういう映画をきっかけに
ロックの門を叩くのもいいかもしれません^^
選曲がすばらしかったので、サントラ買おうか迷ってます。

トラックバックありがとうございます。
Posted by マミイ at 2007年08月05日 22:54
ホントにジャックがイキイキしてましたよね〜。
この映画でジャック・ブラックが好きになりました♪

ロックって深いですよね。
僕なんてまだまだ!ロックのことを何も分かってなかったです!!(笑)

ただのロック映画ってだけじゃなくてストーリーもよかったです。
バンドのメンバーじゃない子どもたちも自分の仕事に一生懸命で存在感があった。

意味のない人間なんかいないんだぞ!!って感じですね。
僕も生きる気力が湧いてきました。(笑)

TBありがとうございました♪
こちらからもさせていただきますね!!
Posted by Cuomo at 2007年08月21日 22:37
ロックってホント、奥が深いですよね〜。
私はロック入門がジャーマンメタルだったので
ちょっと本道からはずれた高校生活を送っていました!?

ジャックの映画は観る者に元気を与えてくれますね。
『ハイ・フィデリティ』や『オレンジ・カウンティ』
『ナチョ・リブレ 覆面の神様』・・・・・
どれもこれも素晴らしいです!!!

映画ではないですが、FOO FIGHTERSのPVにも
ジャックが出てます。
『LOW』をぜひチェックスしてほしいです♪

TBこちらこそありがとうございます!
Posted by マミイ at 2007年08月22日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スクール・オブ・ロック
Excerpt: ロックは反抗、規則を破り大物を怒らせるのがロック! 2003年(THE SCHOOL OF ROCK) 製作国:アメリカ 監督:リチャード・リンクレイター 製作:スコット・ルーディン 製作総指揮:ス..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2007-08-05 17:09

ロックしよーぜ!!「スクール・オブ・ロック」
Excerpt: まさにロック!ロックそのもの!!こんなに素晴らしい映画を見逃してたなんて!!何のために生きてたのか理解できないよね?これを観ずしてロックを語るな!です。(笑)●STORYロックの心を全身で体現するギタ..
Weblog: My World Blog +
Tracked: 2007-08-21 22:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。