2007年07月28日

名作のリメイク


シャレード 原題:THE TRUTH ABOUT CHARLIE
製作2002年 アメリカ 監督:ジョナサン・デミ
脚本:ジョナサン・デミ、スティーブ・シュミット、
ピーター・ジョシュア、ジェシカ・ベンディンガー
出演:マーク・ウォールバーグ、タンディ・ニュートン
ティム・ロビンス


↓のリメイクです。
かなり変わっていて、別のお話として楽しんだ方がいいです。

(あらすじ)
カリブ海のリゾートでレジーナはジョシュアと出会う。
パリに帰宅したレジーナは家財一式なくなっているのに驚く。
そして更に驚くことに夫チャールズの訃報が入る。
チャールズは複数の偽造パスポートを所持しており
大金を持っていたことも知らされレジーナは驚くばかり。
彼女は金目当ての謎の3人組に追われる身となった・・・・・。


リメイクして悪かった点は
レジーナとジョシュアの年を同じくらいにして
普通のロマンスにしてしまった事でしょうか。
オリジナルのおちゃめな老紳士ケイリー・グラントと
子猫のようなオードリー・ヘプバーンがステキだったのですが
ありきたりの恋愛になってしまってちょっと残念でした。

良かった点は
警視や謎の3人組の1人を女性にした事。
セリフにはないけれども、同性ならではの
緊張感や親近感がうまく出ていたように思います。

おしゃれな感じは圧倒的にオリジナルです。
マーク・ウォールバーグ、好きなのですが
黒のベレー帽姿・・・・正直言って、微妙でした。


posted by マミイ at 22:59| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよーぐると。shitです。

これは、見ようかどうか迷ってます。

ウォールバーグが黒のベレー帽ねぇ

・・・

必見じゃん!(なのかよ!)
Posted by shit_head at 2007年07月29日 09:26
shitさん、ファッションチェックお願いします!
ウォールバーグは帽子も長髪もない方がいいです。

ぜひ観てくださいね♪

では、さいならっきょ。
Posted by マミイ at 2007年07月30日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。