2007年07月27日

みんな、嘘つき


シャレード 原題:CHARADE
製作1963年 アメリカ 監督:スタンリー・ドーネン
原作:ピーター・ストーン、マルク・ベーム
脚本:ピーター・ストーン
出演:オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント


ジバンシーを着こなすオードリー・ヘプバーンがステキでした。
ヒョウ柄の帽子に真っ赤なコートといういでたちなのに
お上品に見えるのはどうして〜?

(あらすじ)
スキーリゾートでレジーナはピーターと出会う。
パリに帰宅したレジーナは家財一式なくなっているのに驚く。
そして更に驚くことに夫チャールズの訃報が入る。
葬式で謎の男3人も現れ、大使館の情報局長から
チャールズが大金を横領しており男たちが金を狙っていることを
聞かされる・・・・・。


オードリーがとにかく魅力的でした。
『ティファニーで朝食を』で娼婦役は似合わない、と
書いたのですが、子猫のようにケイリー・グラントに
じゃれつくオードリーがかわいかった!

ケイリー・グラントも渋い中にもおちゃめさが見え隠れして
ステキでした。
実年齢差が25歳だけど、なかなかいい感じでした。


最後の最後まで楽しませてくれる良質のミステリーです。


posted by マミイ at 21:22| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。