2007年07月25日

信じるもののためには手段は選ばない


マリー・アントワネットの首飾り 
原題:THE AFFAIR OF THE NECKLACE
製作2001年 アメリカ 監督:チャールズ・シャイア
脚本:ジョン・スウィート
出演:ヒラリー・スワンク、サイモン・ベイカー
エイドリアン・ブロディ、ジョナサン・プライス


ヒラリー・スワンク、今まで『ボーイズ・ドント・クライ』や
『インソムニア』など割と男っぽい役が多かったような気がしますが
(観てませんが『ミリオンダラー・ベイビー』もそうですかね。)
今回は中世フランスのフリフリドレス姿でした。
なかなか似合っていました。

(あらすじ)
名門であったヴァロア家は敵の策略にはまり没落してしまう。
父母を亡くし孤児となったジャンヌはお家再興を目指し
マリー・アントワネットに取り入ろうとする。
彼女の野望を知ったレトーはジャンヌに協力をかってでる。
二人の企みは成功したかに思えたが・・・・・・。


史実を基にしているそうです。
この首飾りの事件が発端となって民衆の怒りが
マリー・アントワネットに向けられ革命の火蓋が
切って落とされたのだそうです。
「マリー・アントワネットの」と言ってますが
実はあんまりマリー・アントワネット本人は出てきません。
しかも反感をもたれて当たり前という感じに描かれてます。

真相は闇の中・・・結局、マリー・アントワネットも
世論の犠牲者なのかも。
裁判も彼女の不利になるようにしむけられたのかな、と
勘ぐってしまいました。

陰謀は主に手紙のやりとりでそんなに見せ場はないので
割と淡々とすすんでいきます。
手段を選ばずただひたすらに名誉の回復を願うジャンヌ。
間違っていたかもしれないけれど
ひたむきな芯の強い女をヒラリー・スワンクが好演してました。


ラストで水面にうつった『彼女』の顔が印象的でした。
あの時彼女は何を思っていたのか・・・・・
遠き時代に思いを馳せました。


posted by マミイ at 13:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。