2007年07月13日

転んでもタダでは起きない


ロスト・イン・ラ・マンチャ 原題:LOST IN LA MANCHA
製作2001年 アメリカ・イギリス 
監督:キース・フルトン、ルイス・ペペ
脚本:キース・フルトン、ルイス・ペペ
出演:テリー・ギリアム、ジョニー・デップ、ジャン・ロシュフォール


テリー・ギリアム監督の『ドンキホーテを殺した男』の
メイキング作品です。
でも、映画自体はお蔵入りになってしまったので
メイキングと言えるかどうか・・・・・?

(あらすじ)
2000年、スペインで『ドンキホーテを殺した男』の
製作が開始された。
限られた予算でギリギリの日程が組まれていたが、
天災、主演俳優の病気など色々な災難に見舞われ
撮影開始1週間で製作中止となった・・・・・・。


私は『バロン』が大好きです。
だから、『ドンキホーテ・・・』もすごく楽しみにしています。
本作の中で少しだけ映っていますが、
操り人形の騎士や幻想的な祭りの衣装?などどれもこれもステキ!

自分の頭に描いたイメージを映像化できた時の
テリー・ギリアムの嬉しそうな顔と言ったら!
こっちまでニコニコしてしまいそうでした。


昨年、権利関係の問題に決着がついたそうです。
必ず完成させてほしいな〜と切に願います。
最後の巨人の映像とともに出る「COMING SOON」の文字。
信じてますからね!


posted by マミイ at 12:02| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。