2007年07月12日

蛙の子はカエル?


白い刻印 原題:AFFLICTION
製作1998年 アメリカ 監督:ポール・シュレイダー
原作:ラッセル・バンクス
脚本:ポール・シュレイダー
出演:ニック・ノルティ、ジェームズ・コバーン
ウィレム・デフォー、シシー・スペイセク


雪国のどんより曇った空のような
終始重苦しいムードが漂う映画でした。
親の嫌だと思う点を嫌だと思いつつも同じようなことをしてしまう
・・・・・哀しい呪縛から逃れられなかった主人公を
苛立ちながらもつらいなぁと思いつつ観てました。

(あらすじ)
雪深い田舎町に住む警官のウェイド。
少年時代は父親の暴力に怯えながら暮らしていた。
現在、娘がいるが離婚した妻の元にいるためたまにしか会えず、
父子関係もどことなくぎこちない。
ある日町の有力者が鹿狩りで事故死した。
殺されたのでは・・・とウェイドは疑いを持つ。
陰謀を暴くと英雄視され、現状を打開できると信じたウェイドは
独自に捜査を開始するのであった・・・・・。


ウェイド、世渡り下手なのです。
幼い頃に愛に飢えて生きてきた影響なのでしょうか、
観ていてイライラしてました。
娘の親権を取り戻そうとするのですが、
娘のことなど考えてなさそうだったし・・・・・。

父親役のジェームズ・コバーン、私は好きなのです。
電撃フリントでかっちょいいスパイだったんです。
(オースティンパワーズの元ネタになってます。
柔道チョッ〜〜〜ップ!)
この映画もジェームズ・コバーンが出るという事で観ました。
今回は飲んだくれの荒くれ男になってました。


posted by マミイ at 17:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。