2007年07月05日

軽妙なコント


この女たちのすべてを語らないために
原題:FOR ATT INTE TALA OM ALLA DESSA KVINNOR
製作1964年 スウェーデン 監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン
出演:エヴァ・ダールベック


設定はおかたいのですが、終始変な人たちが立ち回って
コントのようでした。
なにぶん、時代が古いので爆笑!はしませんでしたが、
軽妙なリズムでみやすかったです。

(あらすじ)
巨匠のチェロ奏者フェーリックスの葬儀会場。
妻や愛人は死に顔を見ては「別人のようだ。」とコメントする。
さかのぼる事4日前、巨匠の伝記を書くために
批評家コーネリウスが巨匠の別荘にやってきたのだった・・・。


最初から人をくったような表現をしてます。
冒頭で「この映画が現実で起こった事と似ている場合は
ただの偶然です」みたいなテロップが出ます。
「この映画はフィクションです」と素直に書けばいいのに!(笑)

葬儀から批評家登場ぐらいまではまともなのですが、
突然、音楽が変わってコントになってしまいました。
情事のシーンも「検閲が怖いのでタンゴをお見せします」とか
真面目なんだか、不真面目なんだか・・・・・。

終始、真面目に不真面目を貫いており、
一気に80分が過ぎていきました。
ラストは皮肉がきいててよかったです。


posted by マミイ at 10:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。