2007年06月27日

疑心暗鬼でドキドキ!


遊星からの物体X 原題:THE THING
製作1982年 アメリカ 監督:ジョン・カーペンター
原作:ジョン・W・キャンベル・Jr
脚本:ビル・ランカスター
出演:カート・ラッセル


おもしろかったです。
ただ、食事時に観るもんじゃありませんね。
お昼にパンかじりながら観てたんですけど、
思わず手が止まってしまいました。(笑)

(あらすじ)
南極観測隊のアメリカ基地にノルウェーのヘリがやってくる。
言葉も通じず、突然発砲してこられとまどう隊員達。
やがて、地球外生物がまぎれこんでおり
ノルウェー隊が全滅した事が発覚。
アメリカ基地の中にも潜入した模様。
誰の中に寄生しているのか?
誰もが他人を疑うのであった・・・・・・。


地球外生物はそのものになりすますので誰がニセモノなのか
わかりません。
観てる方もドキドキします。
音楽が『ニュー・シネマ・パラダイス』などでおなじみの
エンニオ・モリコーネなのですが、
シンプルなのに、緊張感がある音楽が最高です!

怪物の映像もすごいですね。
私の好きな漫画家、巻来功士さんみたいな感じ・・・・・というと
うちの姉にはニュアンスは伝わるはず!(笑)
こういうの、好きです!


posted by マミイ at 10:09| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お!

さすがですね。

好きですか、遊星]!!

これってたまらないですよね。

明らかに変態ですよ。こんな特撮は!!

想像力の無限さをひしひしと感じずにはいられないですよね。変態だけど。

何なんでしょうかこの映画は!!

オモシレーぜ!!
Posted by shit_head at 2007年06月27日 23:44
はい、私はド変態です!(爆)

頭からカニ?・・・蜘蛛?みたいな足がはえて
シャカシャカ逃げてく姿なんて最高♪でした。

犬も最終的にカワイイ・・・と思ってしまいました。


疑心暗鬼でドキドキの圧迫感のために
観てる方までおかしくなってしまうのでしょうか?
Posted by マミイ at 2007年06月28日 10:30
こちらもお邪魔します。
わたしもこのモンスターの造形が大好きで、顔パックリ!なわんことかカニ頭とか、思わず和みます(笑)
ただ、「八甲田山」の寒さの恐怖を知ってしまった後だと、南極なのに気軽に外に出てしまうところで緊張感が緩んでしまって残念。
昔は楽しめたのになぁ。

>シンプルなのに、緊張感がある音楽が最高です!

そうそう、音楽は良かったですよね♪
Posted by 宵乃 at 2015年01月06日 14:54
宵乃さん、こちらにもありがとうございます。

>顔パックリ!なわんことかカニ頭とか、思わず和みます(笑)
よかった♪仲間がいて。
いつかイラストを描いてみたいです。
かわいく描けるかしら?笑

>南極なのに気軽に外に出てしまうところで緊張感が緩んでしまって残念。
なるほど〜。
今度観なおしてみます。
Posted by マミイ at 2015年01月19日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。