2007年06月24日

母はいつ、母になる?


らくだの涙 原題:DIE GESCHICHTE VOM WEINENDEN KAMEL
製作2003年 ドイツ 
監督:ビャンバスレン・ダバー、ルイジ・ファロルニ


ドキュメンタリー映画です。
らくだの世界にも育児放棄ってあるんですね。
産んだだけで母になるわけではないんだな、と思いました。

(あらすじ)
モンゴル、ゴビ砂漠。
羊やラクダと共に暮らす遊牧民に出産の季節がやってきた。
あるラクダは初産で難産だったためか、生まれてきた子ラクダに
乳を与えようとせず、育児放棄をしている。
困り果てた一家は古くから伝わる儀式をするため
町から二胡奏者を呼び寄せる・・・・・。


子供は産んだら終わり、じゃないんですよね。
むしろ始まりですね。
私は初めての出産は約4年前なので、親になって4年目。
まだまだ未熟な存在だと思ってます。
産んですぐにスーパーかあちゃんにはなれませんね。
子供と共に日々、成長させてもらっています。


ラクダの育児放棄を解消する伝統的な儀式があるって事は
動物が育児放棄をする事はそう珍しいことではないのかな
と思いました。


posted by マミイ at 00:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。