2007年06月22日

世の中、変な人しかいないんだ!


アリゾナ・ドリーム 原題:ARIZONA DREAM
製作1992年 フランス 監督:エミール・クストリッツァ
脚本:デビッド・アトキンス、エミール・クストリッツァ
出演:ジョニー・デップ、フェイ・ダナウェイ
ヴィンセント・ギャロ、リリ・テイラー


何の予備知識も持たずに観ました。
アリゾナ・ドリームだからアメリカの映画かと思ったら
フランス映画でした。
だからなのか、不思議な雰囲気の映画でした。

(あらすじ)
アクセルはニューヨークで魚の調査をして暮らしていた。
時々不思議な夢を見ていた。
アクセルは叔父の結婚式のために故郷のアリゾナに帰り
未亡人のエレインと義理の娘グレースと出会う。
エレインに恋したアクセルは猛アタック、
エレインの家で奇妙な同居生活を始めた3人であったが・・・。


アリゾナとか言ってるのに、冒頭、突然
雪に覆われた世界から始まってビックリしました。

登場人物、みんな変です。
ジョニー・デップ演じるアクセルの見る夢も変だし、
恋に落ちるエレイン母娘も変。
叔父さんも変だし、
ヴィンセント・ギャロ演じるポールももちろん変。
でも、世の中変な人ばかりなのかも。

作中を漂うやや重く暗い不思議な雰囲気、
大人になる時に喪失する痛み、つらさみたいな感じを
凝縮してるのかもしれません。


posted by マミイ at 11:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。