2007年06月18日

それがオチかぁ・・・・・


ディアボロス 悪魔の扉 原題:THE DEVIL'S ADVOCATE
製作1997年 アメリカ 監督:テイラー・ハックフォード
原作:アンドリュー・ネイダーマン
脚本:ジョナサン・レムキン、トニー・ギルロイ
出演:キアヌ・リーブス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン


設定的にもおもしろくって中盤まではグイグイひきこまれました。
ただ、終盤が・・・・・。

(あらすじ)
ケヴィンは若いが腕のいい弁護士でいまだ負け知らず。
ある時ニューヨークのミルトンという男から
破格の条件で事務所に誘われる。
妻とともにニューヨークに移ったケヴィンだったが、
忙しさから妻とすれ違うようになる・・・・・。


アル・パチーノの怪演がいいです。
ほのかな光に浮かびあがるあのオデコの皺・・・・・
いい感じです!
ただ、自分の正体を明かした時の演説は冗長だったかも。
このあたりからお話の雲行きが怪しくなっていきました。


アメリカの弁護士制度がよくわからないのですが、
有罪とわかってて仕事をひきうけるんじゃないのかなぁ。
途中で「こいつ、やってる!」ってわかってしまい、
弁護するかどうか迷うってどうなんだろう?
と思ってしまいました。


posted by マミイ at 15:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは結局風刺コメディだったのかな?

よく分からんが、なんか好きです。(笑)

アルパチですよねやっぱ。ホント怪演。本作とは関係ないけど、アルパチは「ヒート」がカッコよかったですよね。つーか、「ヒート」は映画そのもんがクールだった。演技も全部素晴しかった。コーフンの銃撃バイオレンス。

「ディアボロス」はアルパチじゃなく、シャーリーズ・セロンのハダカ目当てにまた観てみようかな。(笑)
Posted by shit_head at 2007年06月18日 21:31
人が突然悪魔チックになったりと
割と好きな感じだったのですが、
最後、何だかわけがわからなくなってしまいました。
まあ、ああでもしないとオチがつかないほど
壮大な内容になってしまってましたし。

『ヒート』ですか?それもチェックしなくては!
アルパチ、最近好きです。
(私は元々オヤジ好きなので・・・・・)

シャーリーズ・セロン、キレイなハダカですね。
では、私はシャーリーズ・セロンのお尻目当てに
『サイダーハウス・ルール』を観ようかと・・・。(笑)
余談ですが、キアヌのお尻が案外汚くて
軽くショックでした。(爆)
Posted by マミイ at 2007年06月19日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。