2007年06月16日

隣は何をするヒトぞ


隣人は静かに笑う 原題:ARLINGTON ROAD
製作1998年 アメリカ 監督:マーク・ペリントン
脚本:アーレン・クルーガー
出演:ジェフ・ブリッジス、ティム・ロビンス


怖かったですよ〜。
こんな隣人、嫌だ〜!と素直に思いました。
(あらすじ)
大学教授のマイケルはFBIの妻をある事件で亡くし
父1人、子1人の生活を送っていた。
ある日隣人の子を救った事をきっかけにオリバー夫妻と
交際が始まった。
一見フツウの人物に見えたオリバーであったが、
ある時マイケルはオリバーが過去を偽っている事に気づく・・・。


どっちかっていうと、ティム・ロビンス演じるオリバーよりは
ジェフ・ブリッジス演じるマイケルの方が怪しく見えます。
(そういう演出?)
真相がわかるまでかなりドキドキしました。
真相がわかってからの方が怖く思えたかも。
全ては計画通りなのですから・・・・・。

あと、『わんぱくデニス』のメイソン・ギャンブルくんが
オリバー家の息子役で出てました。
あれから5年・・・・・役柄のせいかもしれませんが
あどけなさがなくなっており、子役だけれども
大人になったな〜と親戚のおばちゃん目線で観てしまいました。


偶然ですが、↓の『クローン』と脚本が同じ人でした。
オチが同じっちゃ同じなので
同時に借りてこない方がいいかも・・・・・。


posted by マミイ at 18:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。