2007年06月16日

5分で終わる映画?


クローン 原題:IMPOSTOR
製作2001年 アメリカ 監督:ゲイリー・フレダー
原作:フィリップ・K・ディック
脚本:キャロライン・ケイス、アーレン・クルーガー、
デビッド・トゥーヒー
出演:ゲイリー・シニーズ、マデリーン・ストー
ヴィンセント・ドノフリオ


近未来ものです。
う〜む、設定に無理があったような・・・・・。
CTスキャンとかしたら、5分で疑いがはれるんじゃないの?
と、穿った見方をしてしまいました。

(あらすじ)
西暦2079年、人類はケンタウリ星と戦争しており
ドーム状の都市で暮らしていた。
科学者のスペンサーはある日突然、身柄を拘束されてしまう。
なんと自分は既に異星人に殺されており、
爆弾を抱えたクローンであると告げられる。
身の危険を感じたスペンサーは自分自身を証明するために
なんとか逃げ出すのであった・・・・・・。


二転、三転するストーリーで割と楽しめます。
疑わしいからというだけで人類を救うために
あっさり数人を殺しちゃう保安局ってどうなのさ?という
ツッコミはこの際、忘れて楽しみましょう。


posted by マミイ at 17:11| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは大好きです。

ゲイリーシニーズだし。

とにかく逃げるんですよね。逃げて逃げて、安心したのも束の間、結局ドカーン!ってね。

さすが「マイノリティ・リポート」のフィリップ・K・ディック作品です。主人公が逃げる系のストーリーが多いんですよね。「トータル・リコール」とかもそうだし。彼の原作作品には良い作品がありますね。

でも、「クローン」が一番好きです。(笑)
Posted by shit_head at 2007年06月17日 09:57
そうです。
とにかく逃げに逃げてました。
最初にエ〜ッ!?ってつっこんだのも忘れて
手に汗握りつつ追われるドキドキ感を味わってました。

『マイノリティ・リポート』に『トータル・リコール』
確かに逃げまくってますね。
そういうつながりを知るのって好きなのです。
教えてくださってありがとうございます!
Posted by マミイ at 2007年06月17日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。