2007年06月15日

超テキトー映画


エイリアンVSヴァネッサ・パラディ
原題:ATOMIK CIRCUS - LE RETOUR DE JAMES BATAILLE
製作2004年 フランス・ドイツ・イギリス
監督:ディディエ・ポワロー、ティエリー・ポワロー
脚本:ディディエ・ポワロー、ティエリー・ポワロー、
ジャ=フィリップ・デュガン、マリー・ガレル・ウェス、
ヴァンサン・タヴィエ
出演:ヴァネッサ・パラディ、ジェイソン・フレミング


私、ヴァネッサ・パラディってジョニー・デップの恋女房
(結婚してないですけど・・・)という認識しかありませんでした。
歌姫なのですね。
ヴァネッサはかわいかったけど、それだけな映画です。
(あらすじ)
田舎町スコットレットの首領ボスコの娘、コンチャは
町一番の美人で歌も歌う。
町のお祭りで呼ばれたスタントマンのジェームスは
コンチャと恋に落ちるが、スタントを失敗。
祭りを台無しにしてしまい怒ったボスコによって投獄される。
ほどなくジェームスは脱獄するが、なんと、町に
エイリアンがやってきたのであった・・・・・!


↑ストーリー適当に書きましたが、こんな感じです。
なんでエイリアンが来たのかとか全くわからんです。
そして、邦題と違って、
ヴァネッサがエイリアンと戦うわけじゃないです。
邦題、テキトーにつけすぎですよ!

テキトーなつくりの割には(?)
流血シーンなんかはなぜか気合をいれて作ってあります。
苦手な人はご注意を!


posted by マミイ at 12:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。