2007年06月15日

純愛って。


トーク・トゥ・ハー 原題:HABLE CON ELLA
製作2002年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ハビエル・カマラ、ダリオ・グランディネッティ


初めて観た時は嫌悪感しか残らなかったのですが、
今回はもうちょっと違った視点で観ることができました。
「純愛」ってなんなのでしょうね?
自己の欲望に純粋な感情???

(あらすじ)
ベニグノは看護士で、昏睡状態の若くて美しいアリシアを
4年もの間、献身的に介護していた。
マルコは恋人の女闘牛士リディアが事故で昏睡状態になり
動揺していた。
二人は偶然に出会い、互いの境遇を知り友情が芽生えるが・・・。


ベニグノとマルコは対照的なタイプです。
応えてくれることのない相手に語りかけ、
ある意味、愛情を押しつけているベニグノ。
リディアと事故前に話し合う事もできず、また
昏睡後彼女に触れる事すらできないマルコ。

ただひたすらに自分の思いを貫こうとするベニグノ。
相手の幸せを思い、身を引こうとするマルコ。
似てないようで実は2人は似ているのかも。
結局、愛情なんてものはエゴでしかないのかな。


posted by マミイ at 12:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。