2007年06月03日

Italian stallion


ロッキー 原題:ROCKY
製作1976年 アメリカ 監督:ジョン・G・アビルドセン
脚本:シルベスター・スタローン
出演:シルベスター・スタローン、タリア・シャイア


ロッキーに対する私のイメージ。
・トレーニング中に階段かけあがってガッツポーズ。
・「エイドリア〜〜〜ン」と叫んでいる。
・・・・・・・ロッキーの事、全くわかっていませんでしたね。

(あらすじ)
ロッキー・バルボアは中年のしがない三流ボクサー。
友人の妹でペットショップで働くエイドリアンに恋心を抱くが
内気なエイドリアンには相手にされない。
ある日世界ヘビー級チャンピオンのアポロの対戦相手が負傷、
「イタリアの種馬」という別名がおもしろいという理由だけで
格下のロッキーが急きょ対戦相手として指名される。
ロッキーは自分はゴロツキではないと証明するため、
愛するエイドリアンのために闘うことを決意する・・・・・・。


最後のボクシングの試合もいいですが、
そこにいきつくまでのお話が良いです。
ダメダメ三流ボクサーが底辺からはいあがる・・・・・
まさにアメリカンドリームだと思います。

脚本もシルベスター・スタローン本人が書いてるのだから
すごいです。
ロッキーはスタローンそのものなんですね。

『ロッキー・ザ・ファイナル』の予告を映画館で初めて観た時は
正直、「なんで今さら?」とか「年寄りの冷や水」とか
思ってしまったのです。
でも、何度も何度もあのテーマ曲を聴くうちに
ふつふつと熱いココロ、チャレンジスピリットがわいてきました。
ロッキーのテーマ、名曲ですよね。


posted by マミイ at 18:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ロッキー』(1976)
Excerpt: 何だか無性に見たくなって、DVDを引っ張り出してきました。 うだつの上がらない無名のボクサーが、ふとしたことから世界チャンピオンの対戦相手に指名されるという物語は、やっぱり何度見ても燃えますねえ。 ..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2012-07-22 15:30

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。