2007年06月03日

いつもより余計に出しております


スリーピー・ホロウ 原題:SLEEPY HOLLOW
製作1999年 アメリカ 監督:ティム・バートン
原作:ワシントン・アーヴィング
脚本:アンドリュー・ケビン・ウォーカー
出演:ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ


ジャンルは何になるんでしょう?
とにかく、流血しすぎです!
血まみれのジョニー・デップ・・・・・やりすぎてて
逆におかしかったです。
(嫌いな人はダメなのでしょうね・・・・・。私は平気。)

(あらすじ)
時は18世紀末、拷問による自白がまだまだはびこる社会で
科学的捜査をしようとするクレーン捜査官。
そんな彼に辺境の村での連続首切り殺人の
捜査依頼がまいこんだ・・・・・。


世界観はよいです。
衣装とか、セットとか、映像の雰囲気とか・・・・・。
科学捜査とか言いながら、変てこな機械を自作している
ジョニー・デップがおもしろかったです。
かっこいいけど、すぐ失神するし・・・・・・・笑。

ティム・バートンとジョニー・デップは名コンビだと思います!


posted by マミイ at 10:43| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はしんのすけ、この映画を観てジョニー・デップが
好きになったんです。
なんてったってカッコイイんです。
この時代の衣装が似合う似合う。

(o・。・o)あっ!そっか、この作品はティム・バートンだった
んですね。パチッ☆-(^ー'*)bナルホド
Posted by しんのすけ at 2007年06月04日 18:10
色白メイクなのに、なぜかかっこいいんですよね。

ジョニー・デップは他の映画で
時々女装したりもしてるんですが、
ミョ〜に似合ってます。(笑)

何でもできるヒトですよね。
Posted by マミイ at 2007年06月04日 22:50
首切り魔の怪人を演じるクリストファー・ウォーケンの魅力に尽きますよコレは。ウォーケンはいっつも素晴しいです。ホントに。

デップとバートンのコンビ作では、これが一番好きです。
Posted by shit_head at 2007年06月09日 22:46
あの目、あの口、怖かったです。
ホントに首を刈られそうな迫力がありました!

ジョニー・デップは何でもこなすヒトですが、
バートンと組むと嬉々として演じているような気がします。
Posted by マミイ at 2007年06月10日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。