2015年04月07日

みえそでみえない

MALIZIA.jpg
青い体験 原題:MALIZIA
製作1973年 イタリア 監督:サルヴァトーレ・サンペリ
脚本:オッタヴィオ・ジェンマ、サルヴァトーレ・サンペリ、
アレッサンドロ・パレンゾ
出演:ラウラ・アントネッリ、アレッサンドロ・モモ


ひそかにラウラ・アントネッリが好きなので
ずっと観たかった作品です。
ラウラの魅力がつまっていました♪
・・・・・・年頃の息子をもつ母にはオススメできないですけど。笑


(あらすじ)
ニーノは14歳。
ある日母が急死して途方に暮れていた。
そんな時に美しいお手伝いのアンジェラがやってきて・・・・・。


ラウラ・アントネッリはかわいいし、スタイルがいいので
みんなが夢中になってしまうのがわかります。
みえそでみえないところがグッときますね!笑
逆に全部脱いでしまうとなんだか魅力が半減してしまったような気がしました。
プロポーションは抜群なんですけどね。
とにかくチラリズム、
みんなにばれないように・・・といったドキドキ感がたまりません。
・・・・・・・・と、私は何を熱弁してるんでしょう。笑

お父さんと長男のアントニオのアタック大作戦はおかしくて
笑ってしまいました。

posted by マミイ at 23:03| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マミイさん、こんばんは

逆に全部脱いでしまうとなんだか魅力が半減
>見えそで見えない、で、ほんの一瞬不用意に見えてしまう、これ極意。(笑)

この作品、男どもに好評なのですが、僕は、あのエロガキが苦手でして・・・これは、ほぼ、どの作品でもそうなんですよ。(汗)

※基本的に好みがダイナマイトボディよりスレンダータイプなので。(笑)
Posted by 鉦鼓亭 at 2015年04月08日 23:39
鉦鼓亭さん、お久しぶりです。
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

>僕は、あのエロガキが苦手でして・・
あはは!でも、わかります。
客観的にみると、私もあの子嫌いです。
あの子がそんなにモテると思えず
このお話自体があの子の妄想なのかも、と思ったり。笑

どれだけあの子に感情移入できるかが
この映画の評価の分かれ目のような気がします。

私はダイナマイトボディ大好きなのです!
でも、自信満々にバ〜〜ンと見せられるよりは
チラチラ攻撃の方が萌えます。笑
Posted by マミイ at 2015年04月23日 06:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416936304

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。