2007年05月11日

いつか、行ってみたいな


ベニスに死す 原題:MORTE A VENEZIA
製作1971年 イタリア・フランス 監督:ルキノ・ヴィスコンティ
原作:トーマス・マン
脚本:ルキノ・ヴィスコンティ、ニコラ・バダルッコ
出演:ダーク・ボガート、ビョルン・アンドレセン


イタリア、ベニスが舞台です。
私は船に酔いやすいし、海もアウトドアも嫌いですが、
いつかベニスにバカンスに行ってみたいです。
・・・・・ついでにこんな美少年が滞在してくれたら本望!!!(笑)

(あらすじ)
作曲家のグスタフは休養のためにベニスを訪れた。
そこで絶世の美少年タジオと出会い、彼に心を奪われる。
タジオに話しかける事もできず、グスタフはただただ、
タジオを見つめるのみであった・・・・。


ベニスの風景も美しいですが、とにかくタジオが美しいです!
ただ立ってるか微笑んでるかだけなのですが
存在するだけで美しいです!!!
ビョルン・アンドレセン・・・本作とスウェーデンの映画にしか
出ていないみたいですね。

グスタフは延々とタジオを見つめてるだけ。
じゃっかんキモいです。でも、キモチはわかるなぁ・・・。

終盤、私には何だかよくわかりませんでした。
夢だったのか?現実だったのか・・・・・?
街の変わりようにビックリです。


posted by マミイ at 16:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。