2007年05月10日

ワイルドでかっちょいい!


真昼の死闘 原題:TWO MULES FOR SISTER SARA
製作1970年 アメリカ 監督:ドン・シーゲル
脚本:バッド・ベティカー
出演:クリント・イーストウッド、シャーリー・マクレーン


クリント・イーストウッド、かっこよかったです。
かっこいいだけじゃなくって、ちょこっとかわいらしい部分も・・・。

(あらすじ)
ホーガンは凄腕のガンマンであり、
メキシコの独立騒ぎで大金を稼ごうとしている。
フランス軍の内情を知っている尼僧のサラを
偶然助けた事が縁で共に旅をする事に・・・・・。


尼僧姿ってなんか、グッときます。(笑)
シャーリー・マクレーン、いい感じです。

ところで、邦題は『真昼の死闘』なのですが、
昼間に死闘はしてなかったような・・・・・。
muleってのはラバとか頑固者の意味があるそうです。
確かにシスターサラはラバに乗ってたなぁ。


posted by マミイ at 00:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。