2007年05月06日

続きであって続きでない


ゴッドファーザー PARTU 原題:THE GODFATHER: PARTU
製作1974年 アメリカ 監督:フランシス・フォード・コッポラ
原作:マリオ・プーゾ
脚本:フランシス・フォード・コッポラ、マリオ・プーゾ
出演:アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ


長かったです!
なんと200分!!でも、無駄に長いわけじゃないです。
しっかりとひきこまれましたよ〜!

(あらすじ)
コルレオーネ・ファミリーのドンとなったマイケルの苦悩と
父ビトーの若き日々が交錯しながら物語は進んでいく・・・。


色々ありすぎて逆にあらすじはあっさり目になりました。
マイケルもビトーもめちゃシブです。
組織のファミリーと家族のファミリー。
どっちも大事だけど、両立は難しいのですね・・・。

ダイアン・キートン、ちょっとしか出てないですが好きです。
彼女もまた苦悩してるのです。
母として、妻として・・・自分もそうだからか、
どうしてもそういう目線で観てしまいます。

またいつか、TとUと続けざまに観てみたいです。
・・・・・時間があって元気な時に。


posted by マミイ at 22:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。