2007年04月30日

ありえな〜い!


ベティ・サイズモア 原題:NURSE BETTY
製作2000年 アメリカ 監督:ニール・ラビュート
脚本:ジョン・リチャーズ、ジェームズ・フラムバーグ
出演:レニー・ゼルウィガー、モーガン・フリーマン
クリス・ロック、グレッグ・キニア


レニー・ゼルウィガーがかわいかったです。
設定ははちゃめちゃでどうなっちゃうの!?って思ったけど、
ラストはそれなりにほんわかと終わりました。

(あらすじ)
ベティ・サイズモアは田舎町で働くウエイトレス。
夫デルは女癖の悪いろくでなし、
ベティは昼メロの主人公である外科医のデビッドに
夢中になっていた。
ある日夫が目の前で殺され、ベティはショックから
架空の世界へ逃避してしまう。
昼メロの世界を現実と思いこみデビッドに会うためロスへ行く。
一方、殺し屋達もベティを追いかけていくのであった・・・。


ラブロマンスはご都合主義が多いですが、
本作はちょっとやりすぎた感がありました。

殺人や病院のシーンでかなり血がドバッと出るところもあり
そこは本気で作らなくても・・・と思ってしまいました。

冷静に考えるとあんなに思い込みの強いオンナは
周りはみんなひいちゃうと思うんだけど、
レニーがキュートだからですかね・・・まあ観れました。


余談ですが、クリス・ロックとクリス・タッカーって
別人だったのですね。
ずっと改名したんだって思ってました・・・・・(>_<)


posted by マミイ at 09:08| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レニーちゃん、これははまり役だったよね。

かわいーけど、イカレてるとゆーね。つーか、イカレてるからかわいーのね。(笑)

テレビの世界から抜け出せなくなって、登場人物になりきったまんま旅に出ちゃってね。面白いですよね。

モーガン・フリーマンは夜中に一人で妄想ダンスするしさ。クリス・ロックは突然頭剥ぐし。

モガマンの最後の台詞が良かったです。テーマは「個人の尊さ」でしょうかね。

いい映画でした。
Posted by shit_head at 2007年05月04日 22:31
レニーかわいかったッス♪
レニーだけじゃなく、みんなある程度イッちゃってましたよね。

フツウのラブコメディだと思って観てたから
いきなり頭の皮を剥ぎだした時はビックリしました。

途中でやってる事がはちゃめちゃだったのに、
ラストはすごくまともに終われるんですよね。
そこがすごいな〜って思いました。
Posted by マミイ at 2007年05月05日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。