2007年04月29日

ホントのスパイってこんな感じ?


テイラー・オブ・パナマ 原題:THE TAILOR OF PANAMA
製作2001年 アメリカ・アイルランド 監督:ジョン・ブアマン
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:アンドリュー・デイビス、ジョン・ブアマン、
ジョン・ル・カレ
出演:ピアース・ブロスナン、ジェフリー・ラッシュ


ピアース・ブロスナンがMI6の諜報部員をするという事で
勝手に過度な期待をしてしまいました。
セルフパロディと受け取るとおもしろいのかもしれませんが、
バタ臭さしかなく、『ミセス・ダウト』に出てた役を思い出しました。
ジェームス・ボンドのようにスマートでダンディな
スパイのままでいてほしかったなぁ。
ま、実際の諜報活動ってこんな風に地味なんでしょうけど。

(あらすじ)
英国諜報部員のアンディはヘマをやらかし、パナマへとばされた。
情報源としてアンディが目をつけたのは仕立て屋のハリー。
アンディはハリーから情報をしいれようとするが、
尾ひれのついた噂話から事態はとんでもない方向へすすむ・・・。


原作を読むとおもしろいのかもしれませんが、
映像にしてしまうとちょっと野暮ったい感じは否めません。
ピアース・ブロスナンじゃなかったら、
もっと楽しめたのかな〜?

ま、とにかく、スパイ物だけどド派手なアクションは
ありません!
そこだけは押さえといてくださいな。


posted by マミイ at 08:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。