2007年04月28日

純朴少年の成長


蝶の舌 原題:LA LENGUA DE LAS MARIPOSAS
製作1999年 スペイン 監督:ホセ・ルイス・クエルダ
原作:マヌエル・リバス
脚本:ラファエル・アスコナ
出演:フェルナンド・フェルナン・ゴメス、マヌエル・ロサノ


主役の少年は、何にも考えてないんじゃないかっていうくらい
とっても純粋な表情でした。
純粋だからこそ、残酷な事もあるのだなぁと思いました。

(あらすじ)
モンチョは喘息の持病があり、小学校に行っていなかった。
初登校の日、みんなにからかわれ教室から逃げ出してしまう。
しかし、グレゴリオ先生は怒らず、あたたかく迎えてくれた。
モンチョは親友もでき、いろいろな事を学ぶのであった・・・・・。


モンチョは純粋ゆえに何でも吸収してしまうのです。
というか、表情からは何を考えてるのか今一つわかりませんでした。
「いい事」とか「悪い事」とか決めてるのは
大人の勝手な価値観なのかもしれません。

ラストはちょっとやりきれなかったです。
その後どうなったのか、更に成長して大人になったモンチョが
観てみたかったな〜・・・という事で、少し消化不良でした。


posted by マミイ at 19:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。