2007年04月25日

お人よしすぎる好青年


雲の中で散歩 原題:A WALK IN THE CLOUDS
製作1995年 アメリカ 監督:アルフォンソ・アラウ
脚本:ロバート・マーク・ケイメン
出演:キアヌ・リーブス、アイタナ・サンチェス=ギヨン


顔は別にそう好きでもないんですが、
キアヌ・リーブスのロマンス映画って割と観てしまいます。
『恋愛適齢期』もそうだけど、お人よしすぎるほどの
好青年が似合うなぁ・・・・・。

(あらすじ)
第二次世界大戦が終わり、ポールは故郷に帰ってきた。
出征前に結婚し戦地から毎日妻に手紙を送っていたが
妻は読んでおらず、帰国の日すら知らなかった。
妻はすぐにチョコレートの訪問販売を始めるよう求めるのだった。
ポールは仕事へ向かう途中でぶどう園の娘ビクトリアと偶然出会う。
彼女は妊娠しており、相手とは別れていた。
厳格な父に殺されると困っているのを見過ごせなかったポールは
ビクトリアの夫のふりをする事に・・・・・。


とにかく、キアヌ演じるポールがいい人です。
「そんな女(=妻の事)は早く捨てちゃいなさいよ!」って
こっちが思ってるのに、律儀に義理立てしちゃうのです。

ぶどう園ってシチュエーションも素敵でした。
霜がつかないように暖めた空気を葡萄の木に送り込むシーン、
ロマンティックなのです。
死活問題なので、実際にやってる方は一生懸命でしょうが
優雅ささえ感じました。
収穫、ワイン作りも楽しさいっぱい!
・・・ただ、葡萄踏む前に足を洗って〜!とは思いましたが。(笑)


posted by マミイ at 17:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。