2014年05月19日

ボクらの王国を探して

Moonrise Kingdom.jpg
ムーンライズ・キングダム 原題:MOONRISE KINGDOM
製作2012年 アメリカ 監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、
フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、
ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、
ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード


一筋縄ではいかない家族像を描いている印象のある
ウェス・アンダーソン監督の作品です。
今回のが一番わかりやすかったかも。

(あらすじ)
1965年、アメリカのニューイングランド沖にある小さな島で
ボーイスカウトの少年サムが置手紙を残し脱走した。
ウォード隊長とシャープ警部はサムを探すが、
島に住む少女スージーの行方もわからなくなっており・・・・・。


もうね、サムとスージー、二人の出会いからしてすごくいいんです!
ビビビッときてるのがわかっちゃいます。
(精神的な)境遇が同じ人同士は言葉がなくても、通じ合えるんですね。

そして、二人の逃避行・・・・・
頼りないんだかどうだかわからないボーイスカウト隊長のエドワード・ノートンや
さえない男やもめの警部のブルース・ウィリスなどの大人を巻き込みつつも
彼らは自分たちの世界をきちんと確立してるんですよね。
まだ幼い・・・・でも、幼くったっていいじゃありませんか!
その時、その時を一生懸命生きている子供たちを
自分の決めた枠におさまりきらないからって
問題児扱いしないでほしいな〜と思いました。
(まあ、暴力沙汰はよくないですけどね。)
今も時々ブルーハーツを聴いてるんですけど
「ロクデナシU」という歌の中に
♪どっかのエライ人がテレビでしゃっべってる
「今の若い人には個性がなさすぎる」
僕らはそれを見て一同大笑い
個性があればあるで押さえつけるくせに♪
という歌詞があるんですけど、
この子達にもすごくあてはまるような気がしました。

あとは、読書好きなスージーが読んでいる本のカバーが
めちゃめちゃステキなんです!
エンドロールでも紹介があったので
この映画オリジナルなんでしょうか?
(一応ネットでざっと検索しても詳細はわからず・・・・涙。)
近年の日本の児童小説や童話のアニメ風の絵に抵抗のある私としては
こういう絵柄の本がぜひとも増えてほしいなぁと切に願います。
ぜひとも、本にも注目して観ていただきたいと思います。


万人受けはしないかもしれないですけど、
私のような心に闇を飼っている中二病的な一面のある人には
ウケるような気がします!笑

二人が甘酸っぱくて、
フリッパーズ・ギターの「青春はいちどだけ」も頭の中で流れてました。
こういう経験をしてこなかったとしても
(もちろん、私も未経験です。笑)
ぜひとも、自分の甘酸っぱかった時代を思い出しながら観てほしい作品です。



posted by マミイ at 09:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。