2014年04月26日

友情いっぱい

dora daimakyo.jpg
ドラえもん のびたの大魔境
製作1982年日本 監督:西牧秀夫
原作:藤子・F・不二雄
脚本:藤子・F・不二雄
声の出演:大山のぶ代、滝口順平、永井一郎


新ドラえもんを映画館に観に行ったので旧作と比べるために鑑賞しました。

(あらすじ)
ジャイアン達に秘境を探すように言われたのび太はドラえもんにお願いして
アフリカを衛星写真で撮る。
濃い霧に包まれた森を発見したのび太はそこに誰かが作った石像を発見し・・・・。


ぶっちゃけ、ほぼ同じでした。
正直、絵柄と声が違うだけかも・・・と思いました。
あと、今はゲスト声優としてお笑い芸人や俳優さんが声をあてているので
そのキャラクターの出番が増えていました。
私が子供だったころから
冒険心がなくなっている事を憂えていた藤子先生を想うと
さすがだなぁと思いました。

新作はジャイアンの男気がもっとよく表現されていたように思います。
新シリーズもなかなかやるじゃん、と思えた
オリジナル鑑賞でした。

そういえば、ペコはこっちの方が男の子っぽく感じました。
「新」の方は耳がヒラヒラしてかわいく見えました。


posted by マミイ at 14:00| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新作の方は未見ですが、かなりの忠実リメイクみたいですね。
ジャイアンの男気アップですか〜。
イラストの男泣きがイイ感じです!

>あと、今はゲスト声優としてお笑い芸人や俳優さんが声をあてているのでそのキャラクターの出番が増えていました。

ここら辺がちょっと好きになれなくて…。
まあ、今の子供たちに楽しめることが一番ですもんね。
可愛いペコもみてみたいです♪
Posted by 宵乃 at 2014年04月27日 09:25
宵乃さん、こんばんは。

>新作の方は未見ですが、かなりの忠実リメイクみたいですね。
間をおかずに観たら、本当にほぼ同じなのがよくわかりました。笑

>ここら辺がちょっと好きになれなくて…。
話題性だけで使うのは嫌ですよね。
私もあまり好きじゃないです。
今回はメインキャラではないので、割とよかったです。
(っていうか、エンドロール観るまで
小栗旬だって知りませんでした・・・・。)

>可愛いペコもみてみたいです♪
新作のペコの耳、本当にフワッフワでなでたかったです!
オリジナルの少年っぽい、まさに王子様!なキャラもよかったんですけど。
Posted by マミイ at 2014年04月28日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。