2014年03月07日

軽〜いタッチの恋愛喜劇

SOMMARNATTENS LEENDE.jpg
夏の夜は三たび微笑む 原題:SOMMARNATTENS LEENDE
製作1955年 スウェーデン 監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン
出演:グンナール・ビョルンストランド、ウーラ・ヤコブソン、
エヴァ・ダールベック、ヤール・キューレ


ゲラゲラ笑う事はないけれど、どこかおかしくて
浮気とか下世話な話なのに、どこか上品な感じがする映画でした。

(あらすじ)
弁護士のエーゲルマンは若妻のアンと再婚しているが、
息子のヘンリックとアンとの仲が気になっている。
しかし、エーゲルマンはアンと寝ている時に
寝言で元愛人のデジレーの名前を口に出してしまい・・・・・。


正直言って、途中までは結構ダルかったので(^^;
途中中断しながら観ました。
ある策略を胸にしたデジレーが母の家にみんなを招待して
渦中の人々が一堂に会してからはおもしろくなり、その後一気に観ました。
なんだかんだ言いつつみんなハッピーエンドなところにほっこりしました。笑


北欧の夏、白夜ってどんな感じなんでしょうね。
時計が1時を指していても昼間とほとんど変わらない明るさなので
実は最初、お昼過ぎなのかと思ってしまい
時間の感覚がわからなくなってしまいました。
「三たび微笑む」という理由も北欧ならではと言った感じでした。

イラストはデジレー家の部屋の「ある仕掛け」なのですが、
何でこんな仕掛けをわざわざ作ったんや・・・と心の中でツッコミをいれつつも
どことな〜く、のんきな、のどかな雰囲気で
まあ、いいかと思ってしまいました。笑
エーゲルマンの前髪ぱっつんヘアーも何だかおかしかったです。




posted by マミイ at 22:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずっと前に一度観た事あります。
でも、ぜんぜん覚えてないんですよね(汗)
かろうじて記憶にあるのは、イラストの仕掛けのシーンだけかな。ベッドの仕掛けですよね?
ハッピーエンドを暗示してそうな天使の彫刻が可愛いです。

>何でこんな仕掛けをわざわざ作ったんや・・・と心の中でツッコミをいれつつもどことな〜く、のんきな、のどかな雰囲気でまあ、いいかと思ってしまいました。笑

西洋はお城に必ず隠し通路とかあって、金持ちはそういう仕掛けを作るのに憧れるのかも(笑)
上流階級のお遊びって感じかな〜?
Posted by 宵乃 at 2014年03月08日 09:33
宵乃さん、こんばんは。

>でも、ぜんぜん覚えてないんですよね(汗)
私もすぐに内容を忘れそうです(^^;
軽〜い内容なので、また楽しめそうです。
(そんなに何回も観なくてもいいですけど。笑)

>かろうじて記憶にあるのは、イラストの仕掛けのシーンだけかな。ベッドの仕掛けですよね?
そうです!
結構大がかりなので笑ってしまいました。

>西洋はお城に必ず隠し通路とかあって、金持ちはそういう仕掛けを作るのに憧れるのかも(笑)
隠し通路だと敵から逃れるためという大義名分がありますが
このベッドは部下の奥さんと××したいがため・・・・という
ただそれだけの理由でこんな手のこんだものを作らせたかと思うとおかしいです。
『ルートヴィヒ』でも地下か洞窟か忘れましたが、
白鳥の湖の実写版?みたいな湖を作らせていましたし
仕掛けとか飾りとか作るのが金持ちのステータスなのかもしれませんね。
Posted by マミイ at 2014年03月09日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。