2007年04月17日

難解だ・・・・・


アワーミュージック 原題:NOTRE MUSIQUE
製作2004年 フランス・スイス 監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ナード・デュー、サラ・アドラー


ジャン=リュック・ゴダール・・・『勝手にしやがれ』や
『気狂いピエロ』などで有名な監督さんですね。
・・・・・私は観た事ないですが。
本作は哲学的っていうんでしょうか。
難しくってよくわかりませんでした。
でも、何かを考えるきっかけにはなりました。

(あらすじ)
地獄編・煉獄編・天国編の3部構成。
地獄編では戦争映像が延々と流れる。
煉獄編ではサラエボに講義に来たゴダールは女学生オルガから
自分が作ったというDVDを受け取る。
後日オルガが亡くなったことを知る・・・。


サラエボ・・・ボスニア・ヘルツェゴビナの首都ですね。
第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件の場所であり、
1992年に始まったボスニア内戦で大きなダメージを受けました。
私は戦争を知らないし、毎日のほほんと暮らしているけれど、
世界のどこかでまだまだ悲しい事件があるのだという事に
こういう映画を観ると気づかされます。

ゴダールは映画の中で「イメージの切り返し」について講義します。
『想像的な確実さ、現実的な不確実さ。
映画の原理とは、光に向かい、その光で私たちの闇を照らすこと。』
うまく説明はできないけれど、なんとなく意味は理解できるような。

もうちょっと年齢を重ねてから、
もうちょっとゴダール作品に触れてから、
もう一度挑戦してみたい映画です。


posted by マミイ at 10:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。