2007年04月14日

楽しいミュージカル


メリー・ポピンズ 原題:MARY POPPINS
製作1964年アメリカ 監督:ロバート・スティーヴンソン
原作:パメラ・L・トラヴァース
脚本:ビル・ウォルシュ、ドン・ダグラディ
出演:ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク


私はディズニーの色んな曲が入ったCDを持っているのですが
メリー・ポピンズはいい曲がたくさんあってとても大好きです。
今回、初めてストーリーを観てみました。


(あらすじ)
ロンドンに住む厳格な銀行家のバンクス氏の子供達は悪戯好きで
乳母が入れ替わり立ち替わりしている。
ある日空から傘を持ったメリー・ポピンズがやってきて・・・。


子供達やメリー・ポピンズとからむ、大道芸人のバートを演じるのは
『ナイト・ミュージアム』でシブ〜い警備員セシルを演じていた
ディック・ヴァン・ダイクです。
当然ですが、若〜〜〜〜〜い!
コミカルな踊りや変顔をすることがあって
すごくかわいらしくって、おもしろかったです。

ディズニー製作だけあって、アニメと実写を融合してあって
当時としてはかなり斬新だったのかなぁと思いました。
でも、なんか技にチカラをいれすぎてやや間延びした所もあり・・・。

お話は色んな教訓があってよかったです。
仕事だと思うとイヤだけど、ゲームにしてしまうと楽しくなる、とか
寝たくないってダダこねる子供達に反対に
『寝なくていいよ。ずっと起きてなさい。』って言うと
あっさり寝ちゃうとか、
見方を変えると感じ方が変わる・・・とか。


posted by マミイ at 17:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。