2014年01月06日

本能で惹かれあう

CYBELE.jpg
シベールの日曜日 原題:CYBELE OU LES DIMANCHES DE VILLE D'AVRAY
製作1962年 フランス 監督:セルジュ・ブールギニョン
原作:ベルナール・エシャスリオー
脚本:セルジュ・ブールギニョン、アントワーヌ・チュダル
出演:ハーディ・クリューガー、パトリシア・ゴッジ


パトリシア・ゴッジがすごく愛らしかったです。
彼女に釘づけでした。

(あらすじ)
ピエールは戦争で心に傷を負い、過去の記憶をなくし
今は看護婦のマドレーヌのアパートで同棲している。
ある夜、駅で父娘と出会うが、女の子は父に捨てられ寄宿学校に入れられてしまう。
ピエールはフランソワーズと呼ばれるその少女と
日曜日ごとに会う事になるが・・・・・。


この二人の愛情をなんと表現したらいいのかわかりません。
大きくなったら結婚とか言ってるけど、まるでおままごとのようでした。
男と女というよりはお互いに家族を熱望していました。
本当に無垢で純粋で、『禁じられた遊び』のミシェルとポーレットに近いかもしれません。
でも、ピエールは成人男性ですから世間はそうは見てくれません。
ラストはああなるしかないですよね・・・・・。

パトリシア・ゴッジはクロエ・グレース・モレッツに感じが似てました。
あんなかわいくていい子をどうして、本物のお父さんは捨てちゃったんだろう・・・
人生ってほんと、ままならないですね。





posted by マミイ at 13:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マミイさん
 あけましておめでとうございます
 本年もヨロシクです!

P・ゴッジってクロエちゃんに似てますよね!
「モールス」で初めてクロエちゃん(余り「ちゃん」で呼びたくないけど、フルネームだと長い〜笑)を観た時、条件反射のようにP・ゴッジを思い出しました。
だから、「モールス」の最初の感想は、
(裏窓×キャリー)÷シベールの日曜日=モールス
だったんですよ。

この映画、10代の頃に何度か観て、感銘を受けた作品でした。
「思い出」のままに封印しておこうと思ってたのですが、
去年、スクリーンで観られるチャンスが有り、これを逃したら二度と観られないと思い、出掛けていきました。
今は「娘を持つ父親」ですから、昔のようにピュアな感覚は持てませんでしたが、やはり「素晴らしい」シーンが沢山有って、忘れられない作品の一つです。

P・ゴッジの出演作は日本で2本公開されています。
もう一つの「かもめの城」も、かなりこれと似た話なのですが、2年成長したゴッジを観られます。
(ブログに記事有り〜もしご興味が有れば)
Posted by 鉦鼓亭 at 2014年01月06日 23:18
鉦鼓亭さん、こんばんは。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

>P・ゴッジってクロエちゃんに似てますよね!
共感していただけてよかったです。
私の「似てる」はたまに、誰も賛同してくれない事がありますので(^^;

>やはり「素晴らしい」シーンが沢山有って、忘れられない作品の一つです。
二人のシーン一つ一つが大切な宝物のような感覚がしました。

>P・ゴッジの出演作は日本で2本公開されています。
はい!
これから、「かもめの城」の記事を書く予定です。

>ブログに記事有り〜もしご興味が有れば
トラックバックもありがとうございます。
どちらの記事にもお邪魔させていただきま〜す!
Posted by マミイ at 2014年01月07日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「シベールの日曜日」から、あれこれ
Excerpt:  「シベールの日曜日」と「フォロー・ミー」、この2本の映画を考えると「時代は変 わった」なんて年寄りじみた感慨を抱きます。  どちらも30〜40年前の映画なんですけど、今なら「シベールの日曜日」はロリ..
Weblog: セピア色の映画手帳
Tracked: 2014-01-06 23:22

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。