2007年04月11日

夢見たっていいじゃな〜い


ラ・マンチャの男 英題:MAN OF LA MANCHA
製作1972年 イタリア 監督:アーサー・ヒラー
原作:デイル・ワッサーマン
脚本:デイル・ワッサーマン
出演:ピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン


何にも知らずに観たら、ミュージカルの映画化でした。
有名な『ドン・キホーテ』が基になっています。
こういうお話ってなんとなくは知ってるのですが、
最後どうなったかわからない事が多いです。

(あらすじ)
中世のスペイン。劇作家セルバンデスは宗教裁判に
かけられるため、舞台監督と共に投獄される。
牢獄では囚人達に身ぐるみはがされ、
脚本を燃やされそうになる。
セルバンデスは脚本を守るため、囚人達を即興劇にまきこみ
自らも『ドン・キホーテ』を演じる・・・。


アイデアがいいですね!
いつのまにかお話にひきこまれていました。
劇の中から現実の牢獄に戻ったり、
また劇の中の世界に行ったり・・・
ドン・キホーテはただの狂人なのか、それとも、
一途に夢を追い求める男なのか・・・・・
夢見る事の素晴らしさを教えてくれているような気がします。

ピーター・オトゥールは実は私、最近知ったんです。
アカデミー賞にノミネートされてから・・・・・・遅っ!!
だから、年老いたドン・キホーテの方が違和感なくって
若い劇作家のセルバンデスに戻ると、なんだか
不思議な感じがしました。
でも、それほど演技がすごいってことですよね。
改めて感心しました!


『ドン・キホーテ』つながりで、もう一つ・・・・・
テリー・ギリアム監督が撮ろうとしてポシャりましたよね。
『ドンキホーテを殺した男』(The Man Who Killed Don Quixote)
(『ロスト・イン・ラ・マンチャ』って
ドキュメント出てます。)
アレ、また着手したって噂がありますが、
本当に完成させてほしいです。
私が世界に名だたる大金持ちだったら、
テリー・ギリアムの目の前に札束の山を積み上げて
「コレで好きなだけ映画撮りなさいよ!」って
言ってあげるのになぁ・・・・・(笑)


posted by マミイ at 00:27| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。