2013年12月20日

もはや美術品

SLEEPING BEAUTY.jpg
スリーピング・ビューティ 禁断の悦び 原題:SLEEPING BEAUTY
製作2011年 オーストラリア 監督:ジュリア・リー
脚本:ジュリア・リー
出演:ジュリア・リー
出演:エミリー・ブラウニング、レイチェル・ブレイク


エミリー・ブラウニングが官能サスペンスに出ているという事で
思わず、食指が動いてしまいました。
(以後、オッサン目線で鑑賞したので不快になられた方がいたら、ごめんなさい。)

(あらすじ)
苦学生のルーシーは様々なアルバイトで日銭を稼いでいた。
ある日怪しげな秘密クラブのウェイトレスとなったルーシーは
老人たちの晩さん会に下着姿でワインを運ぶ。
オーナーのクララに気に入られたルーシーは更に高給の仕事をすることになる。
それは睡眠剤を飲んで、裸で眠るだけの仕事なのだが・・・・・。


エミリー・ブラウニングの肌がたまんないです!
白人様の滑らかな白い肌。
シミもソバカスもなくってとっても綺麗でした。
毛穴なんて存在しないかのように、スベスベで光沢があって
まるで生きているビスクドールみたいでした。
これはもはや美術品ですよ!!

そりゃあ、酸いも甘いも噛み分けてきた老獪たちも
触りたくなるだろうし、舐めまわしたくもなるってもんでしょ!!
エミリー目線で観たり、自分の娘だったら・・・と思うと気分が悪くなるだろうけど、
エミリー鑑賞目的で観る分にはパーフェクトボディを拝めてよかったです。
(一応、挿入はなしよという大前提があるので、
エロさを期待すると当てがはずれるかも。)


特に好きなのは足ですね!!
ミニスカートの闇の中からニョキッと生えている艶めかしい太腿。
色んな服装のエミリーの足をたくさん観れて、もうサイコ〜〜〜でした。笑

内容自体は・・・・・・唐突に終わって、ビックリしてしまいました。
だいたい、眠るのは後半だけで、前半はルーシーがひたすら働いています。
川端康成の「眠れる美女」が原案なのだとか。
で、結局アンサイクロペディアの川端康成のページを
ついつい読みふけってしまいましたとさ。




posted by マミイ at 23:25| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ.... 
芸術家わいせつか。いや芸術だけど、わいせつに該当するか.....的な?作品なのでしょうか?

この映画は面白そうですね。
時に、マミイさんは、この映画を何時にご覧になるのですか?
子どもがいたらちょっとドキドキしますよね。(無理ですよね。質問攻めにあったら、困るもの。)
Posted by かえるまま21 at 2013年12月25日 22:13
かえるままさん、おはようございます。

日本の文学作品が原案と言うのもひかれますよね。
主演女優さんの裸体は芸術、美術品に値するほどの美しさでした。
ただ、唐突に終わってしまったので
その点はちょっと残念でした。
途中はぐいぐいひきこまれちゃいましたよ!

>時に、マミイさんは、この映画を何時にご覧になるのですか?
普段は子供たちのいない午前中に観てますが、
冬休みに突入した今となっては
子供たちが寝た後、もしくは起きる前に観てますね〜。
子供たちがゲームしてる横で
イヤホンつけて鑑賞したりもするのですが
色んな意味で集中して観れませんから。笑
Posted by マミイ at 2013年12月26日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。