2013年11月09日

黒猫は見ている

THE BLACK CAT.jpg
恐怖!黒猫 原題:THE BLACK CAT
製作1980年イタリア 監督:ルチオ・フルチ
原作:エドガー・アラン・ポー
脚本:ビアジオ・プロイエッティ、ルチオ・フルチ
出演:パトリック・マギー、ミムジー・ファーマー


今月のブログDEロードショーは秋の夜長のミステリー企画です。
(ブログDEロードショーとはコチラをご覧ください。)
せっかくなので、ポー原作の『黒猫』を元にしたミステリーを
観てみる事にしました。

(あらすじ)
イギリスのある田舎町で殺人事件が立て続けに起きる。
事件のそばにはいつも黒猫がいた。
遺跡を撮影に来ていた女性カメラマンは事件の真相を探るうちに・・・。


ミステリー企画で観たのですが、あまり謎解きはありませんでした。
主人公も華がないのですぐに忘れてしまいそうです(^^;
影の主役!?の黒猫ちゃんはよかったです。

冒頭からいきなりの交通事故、
脈絡のないエッチなシーンとショッキングなシーン
(といっても、昭和的なものでホラーには分類されているものの、
今となってはそんなには怖くないかな。)
つっこみどころはありまくりです。
村にカメラマンがいないからという理由で
殺人現場の写真を民間の旅行者に撮らせるなんて、のどかにも程があります!笑
ポーの黒猫との共通点って黒い猫が出てるだけやん、と
終盤までは思っていたのですが、
最後は見事につじつまをあわせてきてました。

ポーの『黒猫』も独白的なもので
謎解きを楽しむよりは
おどろおどろしい雰囲気を楽しむ作品だと思うので
これはこれで、アリかなとは思いました。
でも、猫ちゃん虐待はダメ!絶対!!




posted by マミイ at 23:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒猫ちゃんの光る眼が印象的なイラストですね!

>村にカメラマンがいないからという理由で殺人現場の写真を民間の旅行者に撮らせるなんて、のどかにも程があります!笑

あっはっは!
頼む方も頼む方ですが、引き受ける方も肝がすわってるというか(笑)
のんびりした感じで、ポーの「黒猫」をどう料理したのか気になります。

実はさっそく青空文庫で「黒猫」を読んでみました。さすがですね〜、一気に引き込まれてしまいましたよ。
猫ちゃんよりも、人の変ってしまった主人公が怖かったです!
とくに事件後の開放感を満喫する様子が…。
でも、”それが掟おきてであると知っているだけで破りたくなる”というのはちょっとわかる気もして、そのことにゾッとしました。
他のも読んでいこうと思います♪

今回もご参加ありがとうございました。
Posted by 宵乃 at 2013年11月10日 14:10
宵乃さん、こんばんは。

>黒猫ちゃんの光る眼が印象的なイラストですね!
ありがとうございます!
タイトル通り、黒猫の出番はかなり多かったです。
眼がとても印象的だったので、どアップにしちゃいました。

>頼む方も頼む方ですが、引き受ける方も肝がすわってるというか(笑)
串刺し死体を普通に色んなアングルから連写してました。
こういう作品の主人公らしく
色んな場所に一人で行っちゃうし、ホント肝がすわってました。


>ちょっとわかる気もして、そのことにゾッとしました。
推理ものではないのですが、
すごくひきつけられて、ドキドキしちゃいます。
自分の中にある悪の部分をポーに見透かされているような気がします。
Posted by マミイ at 2013年11月10日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。