2007年04月04日

ドロリン、ドロリンの泥沼恋愛


バッド・エデュケーション 原題:LA MALA EDUCACION
製作2004年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルティネス


ペドロ・アルモドバル・・・結構気になる監督さんです。
『トーク・トゥ・ハー』でもそうだったんですが、
かなりディープなドロドロの世界を描くんですよね〜。
疲れたときに観ると、余計に疲れちゃうかも・・・。
色んな意味でパワーのある映画だと思いますよ。

(あらすじ)
売れっ子若手監督エンリケのもとに神学校時代の同級生
イグナシオが突然訪ねてくる。
2人は少年時代愛しあっていたが、
エンリケはイグナシオの変貌に驚く。
イグナシオは現在俳優を目指しており、
自分たちの事を書いた脚本『訪れ』を持ってきていた。
脚本に興味を持ったエンリケはイグナシオとともに
映画製作を始めるのであった・・・。


男、オトコ、おとこ・・・オカマさん含めて
おとこばっかり出てきます。
ガエルが女装したりブリーフいっちょで泳いだりしてるので
ヨコシマな私にはよかったです。

しかし、この映画、アルモドバル自身の半自伝ドラマらしいです。
それにビックリ!
SEX描写が結構ナマナマしいから、覚悟して観てくださいね。
(しかも、全部男同士ですから・・・・・。)


posted by マミイ at 23:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。