2007年04月04日

この後が気になるよ〜


チョコレート 原題:MONSTER'S BALL
製作2001年 アメリカ 監督:マーク・フォスター
脚本:ミロ・アディカ、ウィル・ロコス
出演:ビリー・ボブ・ソーントン、ハル・ベリー
ヒース・レジャー


原題のMONSTER'S BALLとは、英国で死刑の前に行われる
パーティの名前だそうです。
すごく意味深なタイトルですね。
邦題のチョコレート・・・・確かに作中にチョコがよく出てました。
チョコにどんな意味を見出すのか、それとも、
チョコ自体には大した意味はないのか、
あなたはどんな風に感じるでしょうか?

(あらすじ)
ハンクは刑務所の看守で死刑囚担当。
父バックも息子ソニーも同様の仕事である。
バックとハンクは人種差別主義だが、ソニーは心優しく
父子はぶつかってばかり。
レティシアは黒人で夫が死刑囚であり、息子は過食症。
親子関係がうまくいかず、息子に暴力をふるってしまう事もある。
ある時ソニーは自ら命を絶ってしまい、ハンクは失意のどん底に。
そんな時にレティシアと出会う・・・・・。


家族など愛しい存在がある日突然いなくなってしまったら・・・
人は絶望の淵に立たされると思います。
しかも、ちょっと厳しい態度をとってしまった後だったら
後悔してもしきれないと思います。
そんな時に同じような境遇の人に出会うと
同病相憐れむじゃないけど、恋に落ちてしまうかも・・・と、
ちょっとうがった見方をしてしまいました。

人種差別がからんでますが、ある時急に解決?改心?してるのも
よくわからなかったですし・・・。
ラストもちょっとわかりにくかったので、
私的にはやや消化不良でした。
でも、この後はどうなるのよぉ???ぐらいで
余韻を残して終わらせて後は観る人の
ご想像におまかせしますって事でいいのかしら?
posted by マミイ at 22:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37783207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。