2013年10月13日

ほのかな憧れ目線

Death Defying Acts.jpg
奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜 原題:DEATH DEFYING ACTS
製作2007年 イギリス・オーストラリア 監督:ジリアン・アームストロング
脚本:トニー・グリゾーニ、ブライアン・ウォード
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ガイ・ピアース、
ティモシー・スポール、シアーシャ・ローナン


シアーシャ・ローナンちゃん目的で鑑賞しました。
主役ではないので、出番が少ないかと思っていたら
結構出ずっぱりだったので嬉しかったです。

(あらすじ)
メアリーとベンジーの母娘は詐欺まがいの降霊術ショーで生計をたてていた。
ある時彼女たちの住むイギリスにアメリカの著名な奇術師のフーディーニがやってくる。
フーディーニは心霊術に懐疑的であり、亡き母の遺言を当てた霊媒師には
高額の賞金を与えると宣言する。
賞金のためにフーディーニに近づいたメアリー達であったが・・・・・。


フーディーニは実在の奇術師で、実際の彼の言動を基に作られているみたいです。
ガイ・ピアースが無駄に!?ムキムキのいい身体をしているんですが
実際のフーディーニもそんな感じだったみたいです。

シアーシャちゃんは『つぐない』と同様に
自分の近しい人の好きな人に淡い恋心を抱くっていう役が似合います。
目から好き好き光線が出てるのが見えました。笑

お話としては、誰がメインなのかわかりづらくて
(特に私はシアーシャちゃんに注目したため
キャサリン姐さんの事はほとんど覚えていません(^^;)
結構ダラダラしていたように思います。

出演者のファンでなかったら、観なくってもいいかなっていう作品でした。




posted by マミイ at 18:03| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
たしかにはっきりしない作品でしたよね。
観た事があるのに、気付かずスルーするところでした(笑)
なんとな〜く全体の雰囲気は覚えているけど、結局どうなったのか思い出せないし…。

>目から好き好き光線が出てるのが見えました。笑

あはは、好き好き光線出てましたか〜。覚えてないのが悔やまれます!
Posted by 宵乃 at 2013年10月14日 10:47
宵乃さん、おはようございます。

>観た事があるのに、気付かずスルーするところでした(笑)
>なんとな〜く全体の雰囲気は覚えているけど、結局どうなったのか思い出せないし…。
記事を書くまでに少し間が空いたのですが、もう忘れかけてます(^^;
フーディーニの実際のエピソードは「へ〜」とは思いましたが
それ以上は何も思わず・・・・・。

>あはは、好き好き光線出てましたか〜。覚えてないのが悔やまれます!
一応お母さんの恋人だから、好きだというセリフはなかったですが、
でも、目で訴えかけてました。笑
Posted by マミイ at 2013年10月15日 06:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。