2013年10月12日

人生イロイロ

HJEM TIL JUL.jpg
クリスマスのその夜に 原題:HJEM TIL JUL
製作2010年ノルウェー・ドイツ・スウェーデン 監督:ベント・ハーメル
脚本:ベント・ハーメル
出演:トロンド・ファウサ・アウルヴォーグ、フリチョフ・ソーハイム


予告がよさそうだったので季節外れではありましたが、借りてみました。

(あらすじ)
ノルウェーの小さな町。今日はクリスマス・イブ。
妻に家を追い出されたパウルは子供たちにプレゼントを渡すためサンタに変装して自宅に入る。
パウルの友人の医師クヌートは往診の依頼を受け、郊外に行く。
少年トマスはクリスマスを祝わないイスラム教の少女ビントゥの家に招かれる。
ヨルダンは故郷に帰るお金もなく、一台のトレーラーのドアに手をかける。
カリンは妻子のあるクリステンと不倫中で離婚するという言葉を信じていた・・・・・。


クリスマスの夜に起きたいろんな話がありました。
恋愛だけの甘い映画ではなかったですが
(元々クリスマスは恋人たちだけのために存在してるのではないけれど)
あんまり感動しませんでした。
期待しすぎちゃったのかもしれません。

医者の話はよかったかなぁ。
印象に残ってるのはそれくらいです。
と言いつつも、イラストは星を見上げる少年少女です。
恋というほどではない淡いところがまたよいのです♪

全体的にビターな大人な映画でした。
(一応、R15+です。)




posted by マミイ at 21:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。